Hatena::Groupbellbind

出張所 RSSフィード

2008-04-21

フランス失敗

| 00:43 | フランス失敗 - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - フランス失敗 - 出張所 フランス失敗 - 出張所 のブックマークコメント

連合国プレイフランスを選んでみた。

結果は、スペイン側含め国境全部に要塞を作ったので、スペインイタリアドイツは抑えられるものの、フランス国境に張り付いてしまい、ドイツソ連に一方的に侵略されてしまった。イタリアは何とかソ連より先に占領したけど。アメリカ参戦もなく膠着つづき。

反省ポイント




2008-04-14

極東MOD 中華民国1935

| 01:28 |  極東MOD 中華民国1935 - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  極東MOD 中華民国1935 - 出張所  極東MOD 中華民国1935 - 出張所 のブックマークコメント

極東MODの中華民国でプレイしてみました。シナリオは極東MODにある1935シナリオです。ただし併合国の技術陣吸収で。開始は1935年7月。すでに共産党と戦争中です。中華民国の状況は

  • 政策スライダは全部中途半端、一番ひどい
    • とりあえず、経済を計画経済へ。計画MAXにするにも右か左によらせないといけないけど。
  • 研究は3本あるが、現状はほぼ何も研究されていない
  • 研究者はすべて4以下。ファルケンハウゼンが4で一番使える
    • 陸ドク: 日本型の大規模-浸透強襲をめざす
    • 歩兵: AI敵国を上回るにもかなりかかりそう。しばらくは歩兵特化だろう
    • 計算機(人口調査): 砲兵にしたいが、歩兵と研究がかぶるので、とりあえず計算機。このラインは計算機と生産アップになるか。
  • 初期配置は、歩兵、民兵がいっぱい散らばってる
    • 天水、そして共産党がイベントではいる西北三馬の延安、咸陽に均等で置くよう移動させる
      • 開始時点では戦略的再配置もできない
      • 天水も突破されるけど、その後の侵攻は遅くできる
  • 外交
    • 軒並み仲が悪い
    • エネルギーが過剰なので、日本、ソ連、イギリス、アメリカに譲渡しつつ友好度上げ
  • 生産
    • 不満度が25%もあるし補充も必要なので、最初はなし。36歩兵ができたら歩兵生産へ

最初のプレイで、天水を放置していたら共産党が1度目のイベント(9月)の後、中央くらいまでなだれ込んでしまった。山岳兵が多くて侵攻が早く研究枠も減ってしまうのでこれはダメ。

いわゆる1936シナリオの3箇所に置いたのは要塞を即制圧するためだったが、結果として首都を落としてしまうので、全プロヴィンスをもらう講和ができてしまう。しかも西安事変も起こさないですみます。

共産党と講和後は、広西軍閥との抗争。バニラでは宣戦されるが、極東MODでは、上を選び続ける限り、イベントだけで半分割譲、ユニットも大量GETするようになってました。広州が入るので、研究ラインが4本になります。ついに砲兵を研究します。

その後盧溝橋イベントで日中戦争突入を待つ。極東MODでは盧溝橋でもすぐ開戦せず、上海割譲にとどまる。その後、日本は山西軍閥のみ宣戦布告。国共合作。蒙古独立。山西が併合後、しばらくして共産党が日本に宣戦することで、日本との戦争になる。

上海が日本領になっていることで、上陸が上海に限られ、待ち伏せして上海ホイホイになる。あとは、黄河をラインに突破されないようにするだけ。だが、さすがに砲兵完備の大量歩兵を相手にすることになるので、厳しいものがある。大将入りの9ユニットを基本にしたが、日本も30ユニット以上置いてくるようになるので、時々工場のない地域を突破させてから囲んで消すようにする。

開戦後しばらくしたらファルケンハウゼンが帰り、司令官と研究機関が使えなくなるが、研究は終わるまでは使えるので、それまでに予測防衛を研究開始させておけばいい。ちなみに開戦した共産党は途中で勝手に単独講和する。

砲兵をつけるようにしながら、研究ライン4本を維持しつつ2,3年この一進一退を繰り返します。途中日本は北中国を独立させてきます。しばらくすれば陸ドクや歩兵等で追い越せるようになり、徐々に黄河をわたれるようになってきます。そのうち常時黄河をわたれるようになれば、一気に進めるようになります。

北中国、蒙古、満州を併合すると、中華民国とくらべて倍くらいの質の研究機関が手に入ります。そして朝鮮半島を制圧するとイベント講和になります。台湾割譲、韓国属国独立、あとは現状維持です(上海やインドシナは日本領に戻る)。これが41年末くらいでした。結局、真珠湾は起こりませんでした。

船団、輸送艦を作り、台湾に民兵を送る体勢を作るようにします。条約失効後再び開戦になるのを見越します。研究は海軍中心です。韓国は日本の技術を引き継いでいるので、設計図をもらいながら行います。当然海ドクと空母優先です。韓国は設計図を送って陸ドクと歩兵を優先で強化させます。

そのまえに中国内を平定することになります。イベントで同盟解除されます。サンマも属国解除します。まず、共産党です。講和後速攻で再配置して延安を囲んでおきます。30部隊以上いますが、共産党は物資が尽きているので、合計60部隊以上で攻めれば倒せます。ちなみに共産党はイベントで向こうから宣戦してきます。

共産党を併合したら、つぎは3軍閥。どれかに宣戦したら全部同盟が組まれ、さらに新疆も宣戦してきます。こちらはもう砲兵つき歩兵が100部隊ほどいるので、まんべんなく配置していればいいでしょう。新疆併合のついでにチベットも宣戦して併合しちゃいます。この後民主化するので、ごめんね。

軍閥を併合しおえると、ソ連からモンゴルあきらめろイベントが起きます。断りました。あと中華民国は勝手にどんどん民主化左傾化します。でも元首は蒋介石のまま。

1年半で日本との講和が切れると、日本がまた宣戦してきます。上海ホイホイはかわらず。台湾は民兵に粘らせておいて、インドシナのサイゴンまで落としました(タイは放置)。そして上海を落としてから、上海、インドシナと太平洋の島をいくつかもらって、講和。また宣戦されると面倒なので、送り込んでいたスパイをつかってクーデターを起こしてから同盟。アメリカも怖いので、同様にクーデター同盟。

なかば強引に中日米(+属国)同盟ができるが、ソ連も枢軸も連合を駆逐して肥大化してどちらも陸ユニット600とかいるので、ユーラシアでは最弱ではあります。ドイツはフランス併合し、アフリカも制圧。ソ連はイラン、インド、ビルマ、マレーまで来ている(つまり中国は半包囲されてる)。

歩兵をまんべんなく国境に配置して、研究に専念。今度は空軍(戦術爆撃、ジェット、護衛機)中心です。ジェットや、戦術爆はアメリカも日本も当てにならないので、ドイツに送り込んだスパイの設計図奪取を多用します。陸ドク、海ドクが違うのではずれ設計図が多いけど根気よく行います。

このまま終わりかなあとずっと研究を続けてると、47年に独ソ開戦しました。ユニット生産を増やしながら折り見て宣戦かなあと思ってたら、1ヶ月くらいでアメリカが宣戦してくれました、コノヤロウ。中国との国境は、極東以外ソ連兵はいない状態でした。全方位に進軍させます。戦術爆は、ハルビン4x4、成都4x2配置してたので、そのまま極東方面とビルマ方面に地上攻撃させます。あとタイが遠征軍状態になってるので、全軍でマレーに進めます。マレーはまだシンガポールが落ちてなかったのでソ連兵がたくさんいます。

3ヶ月ほどで、モンゴル併合、手薄だったインド、ビルマを完全制圧しました。送られてきたアメリカ兵を使うこともなく、大軍にも出会うことなく、1年で、モスクワの後ろまで着ました。その間、イベント講和が怖かったので西にはゆっくり進め、インド、パキスタン、ビルマ、イラン、アルメニア(バクーのみ)、カザフスタン、プロモルスク(カムチャッカ半島は日本が占領)、シベリア、トランスウラルをソ連領を全部持っていく形で独立させました(インド、パキスタン、ビルマは実際はイギリス領を再占領したのだけど)。ビルマを独立させると、なぜかアメリカの対日禁輸制裁イベントが起きました。同盟してるってのに。

ドイツと接するころには、ソ連(たぶんドイツも)は物資が尽きているようで補充がままならないようでした。合掌。


ここまで。

感想

中国は小国じゃないけど、周りと強制的なの関係から結果として小国プレイになってしまう。日本と同盟をしたときの共産党のほうがずっと楽だったなあ。

今回、民主化も相成ってスパイが大活躍でした。クーデターで同盟が組めるとは。。。設計図もすごく役立ったし(もともとこれが目的だったのだが)。小国にスパイ送ると徐々に消されるけど、大国だと消されないようだ。ただ金ためるのは結構大変だけど。絞り込んでやっとなので、技術は使ってない設計図だらけになった。研究陣が弱いとこうなるのか。


2008-03-30

日本連邦1954

| 05:29 |  日本連邦1954 - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本連邦1954 - 出張所  日本連邦1954 - 出張所 のブックマークコメント

1936年アメリカ併合後のつづき。

1941年ごろのドイツオランダ占領まで静観

連合戦を想定した準備

史実どおり1939年ポーランド侵攻でドイツ連合で開戦する。ポーランド併合後なかなか進まなく、先にデンマークノルウェーが、併合される始末。1941末やっとベルギールクセンブルクオランダに宣戦ししばらくして併合した。

オランダインドネシアに移ると同時に日本オランダに宣戦する。

カナダヴァンクーヴァーに届く1週間ほどで併合した。ニューファーランドと、ラブラドールを強襲上陸で占領した後、カナダを独立させる。あとは海に浮かぶカリブの英仏領を占領して回る。ガイアナバハマ西インド諸島を独立させる。バミューダは独立させても、すぐ占領併合されたので、守備隊を置いておくに留める。

インドネシアも二週間ほどでオランダ併合。その間にイギリス艦隊を多数葬る。こちらは損害なし。その後、すぐに英領のシンガポール、マレーも強襲上陸のみで併合する。インドネシア独立イベントは続けなかった(独立させてもよかったかも)。

そして全部隊で、オーストラリアを攻める。1艦隊ラバウルポートレスビなどの島を上陸して回る。残り3艦隊オーストラリア上陸させる。まだ上陸可能な場所で、北部には歩兵や守備隊が置ききれていないところがあるので、そこから上陸する。一旦上陸したら、沿岸の配置が動き出すので、それを狙って戦術爆撃機で攻撃し、歩兵を消していく。最後のVPパースまで地上攻撃歩兵消し+強襲上陸で進む。

オーストラリアのあとは、ニュージーランドを併合する。こちらでは歩兵は追い詰めて消す。併合後は、すぐ独立させるが、しばらくはイギリス軍上陸してくるので、オーストラリア方面に1艦隊は残しておく。追加補充した輸送艦隊に日本放置状態の旧式艦隊を組み合わせて、太平洋の残りの島々を占領していく。

主力はインドシナインド方面に向かわせる。といっても戦術爆撃16部隊ですぐ消える程度しかいない。ブータンネパールの部隊も十数師団いても、移動量のため戦術爆撃16部隊で移動する前に消える。インドシナに侵攻すると、インド独立イベントが強制される。デリーを落とすとインドパキスタンが出来上がる。この時点でヨーロッパはヴィシーフランスができたところ。ベトナム日本にくれなかった。海のほうは敵なしなので、オマーンイエメンなどのアラビアやレユニオンまで先に落としている。

インド日本同盟していたが、パキスタンはどことも同盟していないのですぐ宣戦して併合する。続くイランにも宣戦し併合する。やり方はインド同様に戦術爆で消して歩兵を進める方式になっている。生産爆撃機メインになっている。そのまま連合領のクウェート占領、イラク併合、ヴィシーフランスから独立してたけど枢軸に入ってイギリスに併合されたシリアを占領し、パレスチナで、イタリアと対面し、この方面は終わり。トルコに宣戦して併合し、オスマントルコを独立させる。イエメンオマーンカタールも独立させる。

中東が落ち着いたら、アフリカを攻める。イタリアエジプトを占領し進めてきているので、なるべく国境を上に持て行くようにする。モンバサから上陸し、ベルギー方面に西進、南アメリカ軍を消しつつ南下の二つに分ける。

アフリカと同時期に、カリブ制圧がすんだので、カナダ攻めの部隊を、ソ連と開戦してドイツがもたついてるイギリス本土上陸に向かわせる。輸送艦21部隊あるので、21部隊で上陸させる。ニューファーランドから、グリーンランドアイスランドに海上基地を置きながら進める。ブリテン島もすでに沿岸部隊を置きまくってるが、アイルランドとのソルウェイ湾岸リバプールブラックプールにま手が回っていなく、そこから上陸させる。さすがにど真ん中なので、敵の攻撃も激しく(というかなかなか撤退せず)、重巡1、駆逐1、輸送艦3が落ちたが、イギリス空母はこれで全部消え、戦艦もほとんどなくなったはず。

上陸後、18部隊を上6下12にわけ進める。爆撃機がないので少し厳しいが、狭いし数で勝るのでロンドン包囲するまでには、全部敵の歩兵は消えている。ロンドンの監視部隊を残し、アイルランドも含めてアイルランド島占領、アイルランドを独立させる。

アフリカも南半分を確保しフランスも消え、島や飛び飛びにある英領を占領すると、連合の残りはイギリスだけであり、しかもロンドンマルタと、ジブラルタルだけになる。ロンドン包囲されているので、マルタジブラルタルの補給は尽きる。マルタは強襲上陸ですぐ占領できるが、ジブラルタルは強襲上陸できない。

そこで上陸ポイントをオヴィエドに見定め、爆撃機を含めたロンドンに残した1部隊以外の全戦力を投入してスペイン共和国に宣戦する。2ヶ月くらいで併合し、そのついでにジブラルタルを落とし、イギリスを併合する。イングランドスコットランドを独立させる。

連合国の次はソ連だが、しばらく(1年ほど)は独ソ戦を様子見をする。その間に再配置や歩兵生産をしておく。ポルトガルを併合し、スペイン南アフリカや東アフリカ連合を独立させ、枢軸戦に備える。戦後同盟を抜けたインドも攻めて和平傀儡化させた。ロシア東ヨーロッパ方面に全部隊を集め、それ以外は現地軍に任せることになるだろうから。

ソ連を攻めるのは3箇所。トルコ方面、イラン方面、極東方面である。メイントルコ方面で、極東方面は戦術爆撃で消せてしまうので、機動重視になる。様子見しすぎたようで、スロバキアが併合され、ベルリンも占領されてしまったので、予定より少し早めに開戦した。ヨーロッパ方面で和睦され、多めに中央アジア方面に来てしまい、序盤はかなり苦戦したが、それでも半年ほどでのこり少なくなるまで消した。そのまま侵攻してると、ドイツとビターピース。占領地の大半がソ連に戻る。スターリングラードは残していたんだけれど。

ちょっとむかついたが、どうせソ連は壊滅状態だし講和が切れたら併合するつもりでそのまま続ける。まずは総力戦からとまっていた改良を進める。ソ連併合後、すぐ枢軸に開戦するつもりで歩兵や爆撃機大量生産する。少しでも早く終わらせるよう、アフガニスタンを占領しておく。サウジアラビアも併合独立させた。

2年後、ソ連に宣戦、半年たたずにソ連フィンランド、およびモンゴルを併合する。フィンランドは思ったより苦戦したが、この期間もほぼ移動の時間。併合後、プリモルスクシベリアトランスウラル、カフカース連邦を独立させる。

予定よりも早く済んだので、ドイツ戦の前に中国を併合することにした。まず華北を支配する共産党を滅ぼし、中国を全包囲するように包んでおいてから、中国に宣戦。3ヶ月くらいで終わる。移動時間のついでにチベット満州国も併合する。戦後蒙古チベット、トルキスタンを独立させ、中華民国を独立させる。余った地域は守備隊を置く。

枢軸戦では、フィンランド方面、トランスウラル方面、ウクライナ方面、ブルガリア方面の4箇所から攻める。そのほか、オスマンイタリアパレスチナエジプト方面(遠征軍操作)、スペインにヴィシーフランス、南東アフリカよるイタリアアフリカ南部方面、ヴィシー領のマダガスカルベトナム、がある。当然ながら北海地中海は前面封鎖する。

戦略的再配置が終わったとき時期的にもよかったので、枢軸に宣戦する。砲兵つき歩兵のみでドイツ軍にあたるが、数で圧倒してるので、ソ連っぽく攻めることになる。ソ連に壊滅に近かった陸戦部隊もかなり回復しており、特にブルガリアルーマニアハンガリーの部隊が意外と強く、ブルガリア方面の30師団イスタンブールが落とされてしまい空艇隊がなければあと少しで壊滅するところだった。直接対決ではドクトリンの質で劣るので歩兵で結構負け、戦術爆でもなかなか師団消滅までいかずという感じ。結局ドイツの物資が尽きるのが早かった。

枢軸を併合した後、そのままスイススウェーデンを併合する。少しづつヨーロッパを独立させる。ロシアウクライナスカンジナビアポーランドドイツ連邦イタリア共和国フランススイスユーゴスラビアギリシャルーマニアブルガリアオーストリアハンガリーチェコベラルーシラトビアエストニアマルタオランダベルギーなど。

あとはカリブ南アメリカを攻めて併合独立させ、1954年、全世界日本属国化させた。

http://farm3.static.flickr.com/2353/2374823627_488ea44141_o.png

工場はできるだけ作り続けた結果、日本台湾朝鮮満州だけでIC400越えしてたり。それでも物資はぎりぎりだったりする。


日本での戦術感想

  • 司令官の多い大国では、空挺は場所により使える
  • 浸透強襲ドクトリン
    • 夜行動がいい
      • 戦闘開始は夜になるよう常に設定する
      • 夜間攻撃力は普通は-80%だが、歩兵、山岳、海兵、空挺は-30%ですむ。
      • 移動速度は35%益しになる(自動車機械化は除く)
      • 航空騎兵でも移動はボーナスが得られる。これがものすごく速い
    • 最終的な生産はほぼ歩兵+砲兵一択になる
  • 属国
    • ある程度大国化したら独立させながらのほうが楽
    • 属国でもそこそこの国なら設計図交換できる
    • 日本だと配置も守備隊を送るのも毎回輸送艦で送ってやる必要があって大変なので、各自に守らせるのが楽というのが大きい
      • プールしておいて、宣戦されたら少し後ろにポンポン置いていくというわけにはいかない
  • 艦爆を使う機会がなかった
  • 戦車自動車化、機械化歩兵も使わない
  • 敵部隊のいる場所に上がるわけでもないので、海兵もわざわざ用意する必要がない
  • 空挺は使ったけど研究進める必要はない
    • 輸送機の距離以外気にすることもない
  • パルチ率削減なら民主化よりも開放社会化を優先したほうがいいようだ
  • 中国戦回避は、労働力にやさしい




属国感想


2008-03-16

日本とかドイツとかでプレイする

| 09:18 |  日本とかドイツとかでプレイする - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本とかドイツとかでプレイする - 出張所  日本とかドイツとかでプレイする - 出張所 のブックマークコメント

日本で即アメリカ開戦

2.26事件で介入主義にするので、最初にやるのは中央計画経済へ寄せることにする。あと生産海軍基地2つ連続生産空母連続生産はせず3レーンくらい。あと船団は1レーンでもずっと生産し続けるようにしておく。技術は普通に産業と歩兵など、できれば改良型駆逐艦は早めに作っておきたい。

はじめにやることは、大陸に分散してる歩兵や騎兵を集め、列島にある艦隊を再編成する。空軍もまとめるといい。

陸戦ユニット輸送艦全部に載せるぶんを編成する。騎兵全部と元帥と司令部は一つづつ入れる。あとは能力順。

艦船輸送艦Onlyの部隊と、あとは航続距離順にまとめる。3000km、2500km以上、2000km、1500kmになる。1500kmの駆逐艦軽巡は使わないので適当に。

目いっぱい乗せた輸送艦と、航続2500km以上をクワジャリンに基地移動させる。ここからは真珠湾に届くので、真珠湾口において、2.26を待ち林内閣にしたら、アメリカへ宣戦と同時に強襲上陸湾岸砲撃(気休め?)で落とせる。

上陸したら、輸送艦戦艦もそのまま真珠湾に基地移動する。届かなかった艦隊も基地移動で呼んでおく。輸送艦が基地移動したらすぐに歩兵を乗せてサンディエゴ上陸できる沖へ向かわせる。必ず戦艦部隊と輸送艦部隊を1マスずつ一緒に動かす。サンディエゴに強襲上陸させる。このとき、統制率は10%くらいまでしておく。

上陸したらほとんど陸上ユニットはいない(初期配置の歩兵3騎兵1とたぶん民兵いくつか)ので、上と右へ分けて進める。騎兵は右ルートで早めに石油地帯を確保させる。数がないので気休め程度しかないけど、戦術爆撃も呼び寄せてもいい。海岸沿いを早めに落とす。ワシントンDCもはやめに落としちゃって、内陸部に首都移転させ、そこを包囲するのがいい。

一方、海には結構な数の戦隊がいるので、集めた空母部隊をサンディエゴの沿岸に浮かべておいて削る。空母空母でこちらの空母が消されないよう注意して見て、消えそうならすぐ基地に逃げ込ませる。空母以外は消えてもいいから向こうの空母は優先的に消すこと。海爆もサンディエゴに置いて飛ばしておくと多少は役に立つかも。相手の空母は3つ。10月までで包囲に失敗すると4つになる。

空母が消えたらあとは輸送艦空母を一緒移動させながらアラスカVPのある各島に上陸させる。サモアへは、3000km以内になる島に基地をおかないととどかない。問題は運河のコロンで、ここへはサンディエゴから3100kmちょっとあるので届かない。守備隊もいるので、サンサルバドル上陸する。南下しパナマを攻めて、陸地から攻めると落しやすい。

併合するまえに、アラスカカリフォルニア南部連合を立て、残りの空港のある場所にMPつき守備隊を置いておく。テキサスを立てると、南部連合研究ラインが4から3にひとつ減るけど、テキサス石油地帯を全部管理するので、石油を得たいならテキサスを立ててから南部連合を立ち上げるのがいい。

ここまでやってとめる。この前後盧溝橋事件やハルハ事件などがおきるけど、吸収したら離反とかめんどくさいイベントばかりなので中国ソ連は無視する。中南米を制圧して(日本はなぜか南米からよく宣戦されるのであらかじめ消しておく)、ヴィシーフランスイベントがでたら、連合に宣戦するといいかもしれない。イギリス空母もちだけど、ドクトリンアレなのでとても弱いので安心して戦える。

日本で難しいのは、やっぱりあらゆる資源がないこと。戦争状態になると、交易率も下がるのでまた難しい。資源を使って物資を生産しそれを元に交易して資源を得るのだが、これが回るまでが大変だ。安定するまでひたすら交易を申し込み続けることになる。

大臣もまあまあいいし、研究は楽、ドクトリンについては陸海ともに最強だろう。ミサイルや核は弱いけど、そこまで必要ない。基本的に歩兵+砲兵でいい。労働力は増えにくいので、量産はしにくいけど、歩兵が大量に必要になる状況は少ないはず。陸上部隊属国に頼るという手もある。

ドイツイベントを楽しむ

ポーランド攻めまでは静観する方針をとる。大臣IC重視、研究適当に。ただし、海ドクは日米型の基地襲撃に変える。金は日本との友好度上げに使い、同盟を結んで、盧溝橋(37年6月)前まで設計図を交換することにする。開始前、工場を全土に1つづつ生産するように置く。

まずは、ドルトムントの工兵つき歩兵を分離して、ケルンに送り、ラインラント心中イベントを起こす。歩兵は数箇所にまとめておき、司令官も兵站もちに変えておく。効果をえるため、一人大将元帥昇進させる。飛行機も種別ごとにまとめておく。

しばらくは交易で、生産重視にしながら赤字が出なくなるよう調整していく。全部の工場生産(作成のほう)が緑になったら、工場をさらに3連続生産になるようにする。これで併合イベントなどとあわせて38年終わりごろで基礎IC300くらいになる。3年目からは余裕が出るので、できれば空母を作りたいのでそれまでに改良型空母にしたかったりする。

日本との同盟研究の相互補完がきくので有用だけど、イベントの都合上きったりくっついたりする必要がある。実のところ、日中開戦後日本同盟を結んでも、こちらが盟主あつかいになるので、停戦交渉はこちらに来る。つまり、いつでも停戦できたりする。ただ協定期間が過ぎるとすぐ宣戦したりされたりするので、それを見計らって脱退、打診していくことになる。停戦を申し込まれると中国プロヴィンスが手に入るけど、不要なので日本にあげていた。遠隔地にあると、連合戦争になると落とされて、しばらくは手を出せなくなるだろうし。


工場が出来上がった38年終わりからは輸送艦重巡駆逐艦、歩兵、戦車、艦爆、戦術爆を生産する。艦爆、戦術爆は、既存とあわせてとりあえず合計16になるよう。戦術爆は護衛機もつけるようにする。艦隊は、空母3重巡3駆逐艦6で組めるようにする。空母的に開戦までに間に合うとしても1部隊だろうけど、それで十分。輸送艦はとりあえず12あればいいかも。

チェコ併合でスロバキアハンガリーに与える。開戦前日本との同盟を解除したら、ハンガリー同盟しておく。とりあえず巻き込むとどうしてもアフリカでも海軍でも弱いのでこの時点ではイタリアとも同盟せず、連合ヨーロッパから追い出したあとに同盟する(具体的にはエジプトを占領したあとくらい)ことにした。

普通に行けば39年8月にポーランド連合に入って開戦になる。西のフランスからの攻撃は、3部隊づつくらい置いてなるべく維持しながら、ポーランドを併合する。わざとザールブリュッケンをあけておき攻めさせ、シュトラスブールを空にさせて、その隙にストラスブールをふさいで包囲殲滅できたりする。実際これだけでフランスを壊滅させられ、しかもマジノ線を迂回する必要もなくなる。

ヴィシーは併合したが、地中海潜水艦がうざかったので、承認したほうがよかったのかも。フランスを落としたら、すぐにブリテン島を攻める。イギリス海軍が分散してるので、日本アメリカ攻めに比べれば数倍楽。こちらの船はまったく落とされないし。通る場所が決まってるので空母がでてきても海爆で対応できる。アイルランド連合側だったのでついでに併合。なぜか併合後にアイルランドの枢軸参加イベントがでた。

40年になると、ヴェーゼル演習がでて、デンマークノルウェー戦争。どちらもすぐ併合できるが、デンマークはコレングを落としてしばらく待つと、イベントで併合になる。なぜかブルガリアルーマニアに宣戦しており、ブルガリア同盟を打診して、ハンガリールーマニアを併合させる。ユーゴにも宣戦し、(イタリア領以外)全部ブルガリアに与える。

北海が落ち着いたら、地中海フランス領やイギリス領を攻める。その前にスペイン同盟に入れる。スペインアフリカに兵をたくさん送り、しかも遠征軍にしてくれる。西はスペイン兵で、チュニジアマルタエジプトパレスチナシリアイラク自動車戦車で合計12師団程度で全部占領する。エジプトからそのまま南下し、ベルギー南アフリカを併合する。

アフリカと平行して、バミューダから中米へ。もちろん輸送艦艦隊は同時にひとつづつ移動で。連合国領を全部占領していく。これも3師団で十分。むしろ連合艦隊を倒すのがメインかも。その後、18師団ラブラドール上陸してカナダを併合する。ついでに中米を全部併合して、カナダ中央アメリカを独立させる。

アフリカから、マダガスカルアラビア半島インドを攻める。これも12部隊+戦術爆16で十分。すでに日本連合アメリカに宣戦しており、インドシナはすべて日本に落ちており、インド領にも進出しているので、国境を多くとるように進める。インドのあとはインドネシア。距離的に長くなるので、ポンティアナ海軍基地を置く。ここも日本と取り合い。オランダ日本に併合される。

アメリカの部隊も合流させ、ポートモレスビーからオーストラリアへ。オーストラリアを併合し、ニュージーランドも併合。イギリスフランス太平洋VP島をとって併合し、連合は消滅する。途中でイギリスの講和があったけど無視した。

オーストラリアニュージーランドを独立させようかなと、艦隊を戻そうとしてたら、ソ連が宣戦してきた。国境に部隊は集めてあった(というか連合攻めは陸は合計30師団しかつかってない)けど、戦術爆撃の生産とか始めたばかりだった。陸戦師団数は、ドイツソ連も320師団ほどで、どちらも国境近辺にほとんどある。こちらはハンガリーブルガリア師団が50ほどさらに使える。

時々突破されたりして危なかったけど、ハンガリーの遠征軍のおかげで持ちこたえ、戦術爆が16×3になると、削れるようになり、半年ほどで残り50師団まで減らせ、冬にイベント講和した。ここまで。

残るはアメリカ。日米開戦してすでに何年もたっているので、空母陸軍も相当な数があるはず。戦略としては、カナダに300師団ほど上げておいて、首都を囲むように進行する。パナマからコロンも併合する。もしくは、あらかじめメキシコを確保しておいて、そこから上下で攻めるという手もある。太平洋は、守備隊を阻止攻撃で削りながら上陸だろう。幸い元連合の島がいっぱいあるので、空軍基地だけ用意しておけばいい。大量の空母は何とかしないといけない。確実なのは沿岸で海爆だろう。

感想とか


日本

ドイツ





2008-03-07

キャンペーンシナリオ2つ

| 13:00 |  キャンペーンシナリオ2つ - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  キャンペーンシナリオ2つ - 出張所  キャンペーンシナリオ2つ - 出張所 のブックマークコメント

チェコ侵攻: ドイツ

約1ヶ月と短いシナリオ。この間にチェコスロバキア全土を掌握できるかどうか。

  • 再編成とかしてる暇はない
  • 戦術爆撃機が多いので、地上攻撃で移動してる部隊をかなり削れる
  • 要塞8だが、イメージよりは落としやすい。
  • 上から右へ押し込んでいく感じ
    • 地上攻撃で部隊はどんどん消えていく

スペイン内戦: スペイン

生産研究もできる。一見、部隊数で不利っぽく見えるが半分は守備隊だったりする。

  • 民兵を2ラインで生産。優先度は船より上に。
  • 制限時間的に研究おわらせれるのは空ドクくらい
  • まず部隊速度ごとに分割する
  • 下のセビリアは分断されている
    • 周りの2部隊2つはどれも守備隊なので、両方攻撃して消す。セビリアは維持しつつ、1部隊は上に進めていきプロヴィンスを連結させる。移動させるのは1部隊でいい。
  • 右上部隊は、1部隊いるウェスカへ攻撃。山岳兵のみ、進行を続けさせる
    • プロヴィンス残った土地に逃げるが、到着したのを見計らって包囲攻撃で消す
  • 地上攻撃で消せるほどの攻撃力はないので、飛行機は阻止攻撃がいい
  • 占領では足の速い戦車活用する
  • サラゴサは死守する

統制は全体的に黄色状態が多くなるが、相手も同じ。30未満でも攻めれるときは攻める。