Hatena::Groupbellbind

出張所 RSSフィード

2007-02-10

ソースネクスト版大航海時代Ⅳ

| 23:43 |  ソースネクスト版大航海時代Ⅳ - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ソースネクスト版大航海時代Ⅳ - 出張所  ソースネクスト版大航海時代Ⅳ - 出張所 のブックマークコメント

Alchol52%を試すときに、以前2000円くらいで買ったソースネクスト版の大航海時代Ⅳを使ってみた。もともとCDが入っていないとプレイできない仕様だが、Alcholでリップしてからインストールすることで、CDなしでプレイできる。ただし、Win95/98時代のソフトで、DirectX6ベースソフトなので、XPプレイする場合はDirectX6のインストールはせず、さらに設定で2Dエミュに設定してやる必要がある。

4は初代大航海時代の交易、海戦、探索の3本柱に、シナリオにもとづいたイベントをつけた原点回帰システムである。ある意味、2の専門特化や、3のスキルによる自由度から逆行してる。ちなみに大航海時代オンラインは3ベースに4スタイルシナリオを追加した感じだった。

キャラは数人から選べ、最初の状況に差があるが、すぐに結局どれも同じパターンで攻略していくことになる。

序盤は、

  • シェア1でいいので航路を海域全体に広げる
  • (ホドラムでは開始直後にいる交戦相手を即滅ぼす)
  • 交易で最大量つめるよう、中級船5隻にしていく
  • 交易で稼ぐ間街に投資し、いっぱいつめるようシェアを高める
  • 競合する街のシェアを先にとり、あとで競合しない街のシェアを100%にする
  • シェア100%で造船できる街に投資し、大型船を購入できるようにする
  • (マリアでは交戦相手を滅ぼせるだけの資金を稼いで一気に滅ぼす。交戦に備え大型船団にしたほうがよいが、投資だけでも滅ぼせる)
  • 次の海域へ

それ以降は

  • 新海域に行くには十分資金をためてから(100万はほしい)
  • 新海域に入ったら、とりあえず航路をたどってすべての街に入っておく。
  • 海域をまたぐようになると、移動探索、交易用の中型船団と交戦用の大型船団を使い分けるほうがよい。
    • 大型船で探索や交易をするのは無駄が多い。海域にひとつ大型船団をドックに保管してもいいくらい。
  • 滅ぼした相手が捨て台詞を出すとあとで海賊として出てくる。海賊は船をすべて奪うか破壊すると出なくなるので、早めに処理したほうがいい。
  • できる限り滅ぼすよりも威圧で傘下におくほうがいい。傘下は地方艦隊のように命令可能で毎月資金を送ってくるから。
    • 傘下にするには覇者の証を持っていて、副官の説得が高く、有効度を高め、かつ影響力が10倍~15倍はある必要がある。
    • 影響度を低めるため、街を削ってから傘下にしてもいい
  • 敵勢力はシナリオ進行に絡むので、滅ぼせそうでもイベントが起きない限りは手を出さないようにする
    • シナリオをきちんと出すためには、ホーム海域が最後まで乱立状態になってしまう
  • 戦闘は最高まで改造したガレオンのみ艦隊が効率的。旗艦だけ海兵待機3であとは2に。なるべく艦長はキャラを置く。

Wikipediaではパワーアップキット(PK)であまり差がないように書かれている。システムすなわち攻略面で見れば大差がないのはたしかだが、ゲーム性ではかなり差がある。イベントは大幅追加されるし、自キャラの特徴もつく。シナリオ進行型のゲームなのにシナリオ誘導や、そもそもシナリオをこなす動機が少ない(真っ先に地中海を完全制圧するのもたいして難しくないから)という難点が解消されている。ソースネクスト版はPKなしだが、PKつきであればそっちのほうがずっといい。