Hatena::Groupbellbind

出張所 RSSフィード

2007-02-22

睡眠前の携帯RPG

| 08:35 |  睡眠前の携帯RPG - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  睡眠前の携帯RPG - 出張所  睡眠前の携帯RPG - 出張所 のブックマークコメント

だいぶ前にクリアはしました。クリアレベルは68だったかな。なんと言うかラスボスは大味であっけない。21階のレンとツスクルのほうが封じを使ってくるので手ごたえあった。重ね効果や解除の貧弱さのせいか全体的に睡眠以外の封じや状態異常を活用できてない。


クリア後の26階に出てくる雷系しかきかない雑魚に大失望(以前書いたようにアルケは炎と氷だけだったんで)。そこで気分転換にセカンドパーティを出動させるもレベル50くらいからの単調さに飽きて、ゲームそのものをしばらく放置。結局、ファーストパーティを休養させてスキル再振りしたが、そのやわらかさに少しへこむものの、26階探索再開させました。

このくらいまでやると十分楽しんだ後なので、やっぱり不満なところもはっきりしてくる。特に後半は前半での良いと感じたポイントががらっとなくなるせいで、それに対する不満になってしまう。

  • 5日のクエストはその単調さが中断不可能な点とあいまってつらい。せめて3日ならまだ我慢できるのだが。(このあたりから不満点がちらほら見えてくる)
  • レベルアップ経験値曲線が1割増程度づつあがり、それにあわせ敵の経験値も強さに比較するとたいして増えてかない。そのためセカンドパーティレベルアップも装備ブーストされてるにもかかわらずかなりだるい
  • ブシドーとカースメーカーは最初から最終スキルを考えて振っていかないと無理なバランス。つまるところ最初からの職にくらべスキルポイントに10、20の余裕がない。
  • 下層の敵も単にダメージと耐久が高いだけで長引くだけ戦闘は余計単調化する。遭遇率降下の価値は上がるけど、敵は目的地までの単なる障害でしかない。
  • 最終盤に来て初めて、効くのが雷系術式のみという敵がいるとどうしても、これまでのどの系統のばしても基本OKに反しスキル再振りが必要になる。そうなるとレベル10ダウンがその成長までの後半での単純さを考えるとかなり痛い。FF3DSのように何戦かすれば全開のほうがまだいい。

とりあえず一番の問題は後半が結構レベル依存になる部分が多いのに、そのレベルアップ過程がかなり単調になるところか。前半がイベントにあわせて(むしろ過剰気味に)レベルアップできたので、なんか余計もったいない。正直眠くなるので睡眠薬代わりにしてます。

2007-02-15

終盤へ

| 09:10 |  終盤へ - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  終盤へ - 出張所  終盤へ - 出張所 のブックマークコメント

最初のパーティのまま第5階層まで到達しました。階層名がシンジュクでなんかメガテンみたいな雰囲気に。

可能なクエはすべてこなしながら進めてるので、レベルは59に。このままだとすぐにレベル70カンストまで行っちゃいそうだ。ソードマンクエを除けば、これといって詰まったとこもなく、あっさりと進んでゆく感じです。

レア装備

通常のとは別に強力なレア装備があって、それは数万~十数万するけど、レアドロップな素材ごとにひとつだけ購入できるという仕組みになっている。出るのも中盤以降なので、通常装備だけ購入しててもそれほど苦労はない。レア装備だと最終装備レベルなのでそこそこ底上げできる。鞭のように強めの武器が出にくいタイプレアは重宝しました。

スキル再考

パラディンスキルシールドスマイトはダメージ値はかなり大きいです。燃費は悪いですが、高レベルにすれば腕封じもつくのでエクスタシー向けでもあります。そのダークハンターエクスタシーも頭、腕、足を封じないといけないですが、その状況だったらダメージ1000以上になるのでいけてます。ジエンドもFOEに効くのでなかなかよいです。で、現時点で一番のダメージソースレンジャーだったりします。武器性能がいいので。あとサジタリウスの矢もダメージ1000以上になります。それに比べるとアルケミストの術は1000までは届きにくいので終盤は少し不利かも、安定してダメージ与えられるのはいいのですが。

以下のようにやっていけばレベル3、40程度でかなり強くなっているはず

。敵の異常攻撃のタイプに合わせ、リフレッシュは7,8まで。回復マスタリー、TPブースト、医術防御Iは10まであげる。戦後手当を入れる場合は5程度でも結構回復する。





セカンドパーティ

すべての職を作れるようになったので、そろそろセカンドパーティでもつくろうかなと。ある程度安定性を考えると、使っていない4職にメディック入れたパーティってところか。

メディックは杖スキル入れてみるか。

2007-02-12

せかいじゅのめいきゅう

| 23:37 |  せかいじゅのめいきゅう - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  せかいじゅのめいきゅう - 出張所  せかいじゅのめいきゅう - 出張所 のブックマークコメント

やっと入手できた。

まずは地図書きやすい、という点につきる。端っこにも線引ければという点と、戦闘の切り替え時でもスムーズに書けてればもっとよかったが、そこまで求めるのは酷か。

はじめたパーティバランス系で

少しやった限りだと、イベントクエストでは斧が優遇されてる感じなんで、ダークハンターじゃなく、ソードマンがよかったかも。レベル20ソードマンをつれて来いというようなクエストもあるし。

パラディンは本当に防御特化で攻撃系のスキルが1つしかない。雑魚戦や少し力が弱いかも。レンジャーも採取とか非戦闘系で役立つかと思ったら、むしろ先制攻撃ができるようになって、パラディンよりダメージソースになってる。メディック、アルケミストは雑魚戦では役立たずだった。ほかと物理攻撃のダメージ差がありすぎる。そういう面で万能排除ってことだったのかと気がつく。

職ごとのスキル制だが、スキルは1レベルあがるにつき1つ増やせるだけなので、早期に必要になりそうなスキルをあらかじめ必要条件をチェックしてそこに一直線でとどかせるようにする必要がある。序盤はフロアが変わると難易度ががっとあがるので、少しスキルが欠けると一気に苦しくなるからだ。スキルは、雑魚との連戦を考えるよりも、強力なFOEボスをとの一戦を見越して振っていくほうがいい。FOEレベルでも瞬殺が基本っぽいので、強力すぎるくらいでちょうどいい。

資産面は、ガラクタを敵ドロップや採取でとってきて、店に売ると資金になり、さらに売られたガラクタの種類によって買える装備が増えていく、という某FF12にもあったシステム。XTHと違い、資金面は苦しくなく、増えるたびに必要な装備すべて買いかえ可能なくらい。

装備品は4つまで。防具は普通3つだが、頭、手、盾、靴、体、アクセサリーの中から3つだけつけることになる。種類によって性能に多少傾向があるが、アクセサリー以外は1種類づつしかつけられないという違いだけ。武器は職が装備できるのとスキルで上乗せできるものとの積で一種類に特化するのが普通。ソードマンとダークハンターは2タイプ武器スキルがあるがどっちかに特化させるだろう。

レベルアップもそこそこ速い。クエストをやるたびに迷宮を回ってレベルが上がってく。職による必要経験値の差もない。レベルアップによる能力上昇とその影響は結構大きい。数レベル上がれば以前苦労した敵も倒せるようになるし、もう数レベル上がれば圧勝できるようになる。シビアといわれる割には、おもったよりもさくさく進む。

最初の階層はフロアごと、それ以降は階層ごとでバランスをとってる感じがする。マップ埋めとクエストをこなさせることで楽勝なレベルを維持させる感じ。

特徴のひとつはフィールド上で位置が見えている敵FOEだ。FOEへ突っ込んだり、避けたりすることが行う必要があるので、ここはまるでローグのような形になる。FOEは体力も通常の雑魚と比べて5倍程度あるのでほぼボスのような感じで戦うことになる。そのフロアレベルとはかけ離れたものもあるので、そういうのは死んで学習することになる。色で自パーティとの比較性能がわかるようになってればよかったんだけど。そういうポリシーらしいから。

いまやってる中盤に来ると、属性との相性とかがはっきり出てくる。正直別パーティ作るべきかどうかなやむ。このままさいごまでいけそうな感じはするけど。途中で職が追加されていくのも、作り直せってことなのか?よくわからない仕様だ。