Hatena::Groupbellbind

出張所 RSSフィード

2008-01-18

初プレイ終了

| 13:45 |  初プレイ終了 - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  初プレイ終了 - 出張所  初プレイ終了 - 出張所 のブックマークコメント


在野では、酒場で依頼を受けてこなすと、アイテムや金と各種経験値、そして名声が入る仕組みになっていて、これが自キャラを成長させる要素になる。在野で目指すのは、特技習得と名声集めになる。

特技を覚えるには、まず条件を満たす必要があり、内政や計略はその条件が経験地になっている。戦技は合戦回数や勝利回数。舌戦や一騎打ちの特技はそれらの勝利回数になっている。その条件を満たしたら、その特技を持っている武将に師事することで、特技が得られる。面罵と一番下の称号系特技だけは、武将ではなく特殊キャラから教えてもらうか、条件を満たすだけで自動でつく。

武将に師事するには、談話を繰り返して信頼や親密になる必要がある。舌戦系や一騎打ち系は、覚えるときに勝たなくてはいけないので、なるべく能力が低い武将に教えてもらったほうがいい。特に舌戦は特技のありなしで状況が大きく変わるので、同じくらいの能力だとなかなか勝てないかもしれない。

在野で名声を上げ、親密度が高い武将が増えてくると、仕官の勧誘がおきる。仕官すると、宮殿で仕事を選ばせられ、その仕事をこなしたら次の仕事という感じで功績を挙げていくようになる。功績があがると階級も上がっていく。そうなると太守に任じられる。

太守になると、部下に仕事を割り振るようになる。自身はその城にある陳情を処理するのがメインになる。また太守で登用すると、その武将は自分の城所属になる。太守で功績をあげていき二品官になると、その地方の都督にさせられる。都督はその地方の太守の任免や武将の割り振りができるようになる。

合戦は、通常の戦闘と戦役の二つのシステムがある。通常は城を指定してそこに攻め込むものになる。城がフィールドになるいつもの三國志の戦闘である。戦役は地方を指定して、軍団単位ユニットになる戦闘で、フィールドは地方全体になる。自勢力の兵力は大きいけど、自分の城の兵力は低いというようなときは戦役で攻めることが役立つ。

以下システム感想

特技取得は、内政、計略、舌戦、一騎打ちの習得条件は満たせやすく、習得もしやすい。合戦系特技は兵科経験値は在野では増やしにくいが、勢力に入れば満たしやすい。条件が勝利数20回とかあるのはまずその前にゲームが終わりそう。称号系特技は条件は満たすのはともかく、習得するのに必要なキャラを探すのが大変。医者仙人アイテムでもつけられる。特に仙人アイテムは購入しやすい。各種経験値は地方によって得やすさに違いがある。そういう面で在野であったほうが成長させやすいし、在野であるうちは諸国を回ったほうがいい。

戦闘は、弓兵が有利。低確率だけど壁も上れる。門は1ユニットだけ前におけるので、そこに騎兵を置いて、軍師もちで指揮させて何度も攻撃させればすぐ開く。1キャラで300~500、軍師もち二人いれば1ターンで1000程度減らせる。防御が4000以上あっても、4、5日で門ひとつ突破できる。弓兵が多い場合は、さっさと城内にはいり、城内で殲滅させたほうが楽だった。

戦役は、まず敵ユニットを消し、城を落とす。敵ユニットは不利とか判別せずのこのこ出てくるから。城防御は削りにくいので、調略で事前に削っておいたほうがいいかも。


リプレイ

  • 194年スタート
  • 武将在野で行う。特技はよくわからないので適当に選んだ。
  • 各地を回り、在野で育成させてると、5年くらいで汝南で関羽仕官を勧められ、劉備仕官
  • でも劉備曹操に従属。そして周りも曹操に囲まれている。
  • 状況は無視して任務をこなし、特技習得を続ける。
  • 四品官になり、武将も40人、兵数MAXになったけど、状況変わらず。
  • 独立を進言しても聞き入れない。
  • 逆に臣従を進言してみると、聞きいれたw
  • 曹操に臣従。汝南は前線ではないので、どんどん散らばっていく。
  • 在野で名声が上がっていたので、許昌はとなりなので曹操とすぐ親密に。
  • 許昌に呼ばれる。しばらくして長安太守。
  • 内政ノルマで内政MAX。配下も10人くらいまで増やす。
  • 武威制圧ノルマ長安の兵力が少なかったので戦役で滅ぼす。
  • 団長。ヘイ州制圧ノルマ。晋陽だけだったので戦闘するも時間切れ、他軍団に制圧され終了。
  • 幽州制圧ノルマ。袁譚、公孫瓚、公孫度を滅ぼす。
  • 孫権制圧ノルマ。幽州内政中何もせずに終了。
  • 益州制圧ノルマ。調略で防御削りに専念。他軍団により制圧され統一。
  • 丞相エンド












三國志X(新) (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

三國志X(新) (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

三國志X パワーアップキット (説明扉付スリムパッケージ)

三國志X パワーアップキット (説明扉付スリムパッケージ)

2008-01-16

意外と面白かった

| 13:43 |  意外と面白かった - 出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク -  意外と面白かった - 出張所  意外と面白かった - 出張所 のブックマークコメント

ほんとはwith PUK版がほしかったけど手に入らなかったので、結局問題ありのソースネクスト版を買っちゃいましたよ(ソースネクストは同時買いすれば二つめ以降のパッケージが500円引きなのでIXとそのPUKと一緒に。ハーツオブアイアン2とどっちにするか迷ったけど)。

一言で言えばミニゲームのない選択肢の少ない太閤立志伝。宮殿で内政を提案したり、酒場仕事を請けられるし。SLGとしてみられやすい三國志としての評価が低いのもたぶんこれにあると思う。個人的には、成長システムが強化され、親密度も上げやすくなっているので、遊びやすくはなってる。たしかに195年スタートとかそうだけど「なにもせずに」イベントでがんがん勢力図が変わっていく。ある意味史実どおりではあるんだけど。条件がそろうとかでイベント発動しないから、逆になりきりプレイもしにくいんじゃないかな。実際のところイベントの早さに、こちらの功績ためが追いつかなかったりするくらいだし。

時間,2年程度とやり始めたばかりなので感想はこのくらい。特技とかどれが使いやすいかとかは正直まだわからない。内政特技は10日100投資で行ったくらいだと、あっても無くてもあまり変わらない感じがした。一騎打ちや論戦は山賊相手に結構やったが、ミニゲーム的要素でそこそこ面白い。ただ兵を率いるタイプの戦闘はまだしてない。チュートリアルは受けたけど。

最後に一言いうとすれば、「パワーアップキットはやく出せ」という点に尽きる。そしたら天下創世とPUKと一緒に買う(買いました)。


三國志X(新) (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

三國志X(新) (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

三國志X パワーアップキット (説明扉付スリムパッケージ)

三國志X パワーアップキット (説明扉付スリムパッケージ)